質屋通いで知る自分の身の丈

質屋に行くにはそれなりのメリットがなくてはなりません。
お金を借りるということを考えた場合、消費者金融などでする借金はどうしても返済限度額を超えたものになりがちです。
いくら年収による審査基準があったとしても、年収で不足する分を借り入れする訳ですから返済に窮するのは自明の理であります。
その点、質屋さんでお金を借りるには、自分の持ち物を質草にして借りる訳ですから、おのずと限度が生じてきます。
仮に金策が行き詰まって返済に窮した場合でも、質屋さんでの借金は基本的に質草を流してしまうという形で帳消しになります。
つまり預けていた財物をもって弁済することができる訳です。
それだけに、消費者金融や銀行あるいはクレジットカードのキャッシングなどと比べて借り入れできる金額は低くなりますが、それが自分の身の丈にあった借金なのだと知ることが肝要です。
このように質屋さんにお世話になることは、お金を借りる以上に自分の力を知るというメリットがあるのです。