クレジットカード現金化について

近年、クレジットカード現金化を謳う業者が増えてきているようです。
クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠で釘とかビー玉などタダみたいな商品を高額で買って、すぐに買った金額の大部分を業者から受け取るのです。
具体的にいえば、釘一本を10万円でクレジットカードで購入して、その業者から8万円手に入れます。
業者は差額の2万円が利益となり、購入者は現金をすぐに手にすることができるのです。
どちらとも目的に適っているため、問題ないように見えます。
ただ、そこにクレジットカードを介しているのが問題視されています。
一時的に8万円手に入れることはできますが、しばらくしてクレジットカード会社から10万円の支払いを要求されるのです。
全体的な流れでいえば借金をする形となっているのです。
現在の法律ではクレジットカード現金化は合法とされています。
ですから、今は堂々と利用しても構わないと思いますが、いずれ法整備されることをきちんと把握しておかなくてはなりません。